コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

ふるさとPアニメ道

第4話:『サイバーは、素敵な出会いから始まりました』

第4話:『サイバーは、素敵な出会いから始まりました』

吉井さんから始まり、中川さん、指田さん、福田さん、両澤さんに会いました。 次は、福田さんに言われた件、キャラクターデザイン原案を描いてもらうために、いのまた(むつみ)さんに会わなければいけません。 わたしは、名前は知っていましたが会ったことがないので、吉井さんに電話連絡してもらって、紹介してもらいました。 上司をこき使う新人プロデューサーです。 いま考えると、本当に申し訳ない気持ちでいっぱい...

もっと見る
第3話:『新人プロデューサーの初仕事はテンヤワンヤ』
ふるさとP

第3話:『新人プロデューサーの初仕事はテンヤワンヤ』

1995年、考えもしなかった展開、驚きでしかない展開でプロデューサーになってしまったわたしです。 いま思い出しても素直に喜んだ記憶がないのです。 「嬉しいけど……」、その「……」の理由は、制作デスク4年、アシスタントプロデューサー1年生だった自分が、プロデューサーとしては完全なる1年生になったのです。 小学校1年生になった気分でした。 あと、制作進行や設定制作時代は、常にまわりに真似ること...

もっと見る
第2話:『驚く展開で新人プロデューサー誕生』
ふるさとP アニメ道

第2話:『驚く展開で新人プロデューサー誕生』

わたしは、26歳の暑い夏の頃、7月に、株式会社サンライズに入社しました。 制作進行、途中から設定制作として「ミスター味っ子」を担当し、設定制作「勇者エクスカイザー(以下、エクスカイザー)」、制作デスク「太陽の勇者ファイバード」「地球の勇者ダ・ガーン」「勇者特急マイトガイン」「勇者警察ジェイデッカー」、アシスタントプロデューサーとして「黄金勇者ゴルドラン」を制作しました。 32歳「勇者指令ダ...

もっと見る
第1話:『アニメへの道は子供時代から決まっていたのか?!』
ふるさとP アニメ道

第1話:『アニメへの道は子供時代から決まっていたのか?!』

初めましての方、アニメを通してわたしを知っている方、自己紹介します。 わたしは、古里尚丈(ふるさとなおたけ)と申します。 アニメーションの企画・制作プロデューサーです。   株式会社いいじゃんの鈴木(将史)社長とお話をしまして、ひとつ提案を頂きました。 「いいじゃん」のホームページに、古里さんのアニメ人生のなか楽しかったことや興味深いこと、印象的な出来事など書いてもらえないか?と、なりました...

もっと見る